資本業務提携を発表する日産のカルロス・ゴーン社長(左)と三菱自動車の益子修会長=2016年5月12日、徳野仁子撮影
資本業務提携を発表する日産のカルロス・ゴーン社長(左)と三菱自動車の益子修会長=2016年5月12日、徳野仁子撮影

政治・経済自動車不正リポート

「ゴーン日産」傘下入りで燃費不正解明は進むのか?

編集部

日産傘下に入る三菱自動車(1)

 燃費データ不正が発覚した三菱自動車を傘下に収める日産自動車のカルロス・ゴーン社長の経営身上は、「スピード」だ。今回の三菱自動車への出資が急テンポで進んだのは、ゴーン社長の決断の速さを示している。この経営判断が成功するには、三菱自動車が一刻も早く、燃費データ不正の全容を解明することが必要だ。だが、三菱はその肝心な作業にもたついているように見える。

 5月12日午後4時、横浜市内の会見場で三菱自動車の益子修会長とともに記者会見したゴーン社長は、「日…

この記事は有料記事です。

残り1384文字(全文1623文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz