記者会見に臨む三菱自動車の益子修会長(右)と相川哲郎社長=2016年5月11日、宮武祐希撮影
記者会見に臨む三菱自動車の益子修会長(右)と相川哲郎社長=2016年5月11日、宮武祐希撮影

政治・経済自動車不正リポート

「本社指示」で二転三転 懲りない三菱の二枚舌体質

編集部

日産傘下に入る三菱自動車(2)

 燃費データ不正が発覚した三菱自動車は5月11日に益子修会長、相川哲郎社長が並んで記者会見を開いた。そこで、燃費データ走行抵抗値の試験をしたのは、子会社「三菱自動車エンジニアリング」の管理職であることを初めて明らかにする。

 この記者会見にあたり、三菱自動車は「国土交通省への報告について」という1枚の資料を公表した。そこには「当社製軽自動車4車種の調査について」として、5項目の説明が書かれていた。概要は次の通りである。

 (1)燃費をよく見せるための走行抵抗の不正な操作は、14型「eKワゴン」「デイズ」(2013年2月…

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1752文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz