IT・テクノロジー躍動する科学ベンチャー

レールや崖の「変形」も察知できる4Dセンサー

丸幸弘 / 株式会社リバネス最高経営責任者

対談:4Dセンサー・柾谷×リバネス・丸CEO(2)

 モノの形状やゆがみを瞬時に計測する画期的なセンサーを開発するベンチャー企業「4Dセンサー」。さまざまな分野での活用が期待されますが、その技術の決め手は「格子」だと言います。リバネスの丸幸弘・最高経営責任者(CEO)と、4Dセンサーの柾谷明大(まさや・あきひろ)社長が語り合いました。【構成・田中学】

 ──現在行っている共同研究とは、どのような内容なのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2409文字(全文2616文字)

丸幸弘

丸幸弘

株式会社リバネス最高経営責任者

1978年神奈川県生まれ。東京大学大学院在学中の2002年6月にリバネスを設立。「最先端科学の出前実験教室」をビジネス化した。大学や地域に眠る経営資源や技術を組み合せて新事業のタネを生み出し、200以上のプロジェクトを進行させている。著書『世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる。』(日本実業出版社)がある。