くらし高齢化時代の相続税対策

2億5000万円マンション建設「82歳女性の決断」

広田龍介 / 税理士

 東京都大田区に住むA子さんは82歳。長男(55)と長女(52)の2人の子供がいる。建設業を経営していた夫は、多少の借金を残して20年前に亡くなった。

 資材置き場だったスペースを駐車場にして5台の賃貸にし、2階建ての事務所併用住宅の1階事務所を改装してクリーニングの取次業を営み、夫が残した借金を返しながらがんばって生活してきた。

 しかし、年をとるとともに店頭での取次の仕事がつらくなった。しかし生活資金は必要だし、子供の世話にな…

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1261文字)

広田龍介

広田龍介

税理士

1952年、福島県いわき市生まれ。85年税理士登録。東京・赤坂で広田龍介税理士事務所を開設。法人・個人の確定申告、相続税申告、不動産の有効活用などを中心に幅広くコンサルティング活動を続けている。相続税に関する講演やセミナーも開催している。