青函連絡船の「第八青函丸」=1964年(昭和39年)8月
青函連絡船の「第八青函丸」=1964年(昭和39年)8月

社会・カルチャー切ない歌を探して

「さよならあなた〜」雪と涙の青函連絡船

森村潘 / ジャーナリスト

阿久悠、三木たかし、石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」

 北海道新幹線がこの春函館まで開通して、北海道と本州がまたぐっと近づいた。かつて、青函連絡船によってのみ行き来していたころを知る北海道の人には、隔世の感があるだろう。

 北海道出身で演歌の大御所、北島三郎もしみじみ語るように、かつて北海道と本州との距離は実際以上に遠く、その象徴として、間に流れる津軽海峡の存在は大きかった。越えていく人、帰ってくる人、海峡を挟んで、別れや望郷や逃避など、行き交う人の心にはいろいろな思いがあったはずだ。だからなのか、津軽海峡は文学や歌の世界で多くとりあげられてきた。

 文学の世界では、水上勉が昭和37(1962)年、津軽海峡を舞台にした「飢餓海峡」を著した(出版は昭…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1543文字)

森村潘

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏
記者会見で質問に答える黒田東彦・日銀総裁=2019年1月23日、後藤豪撮影

日銀保有ETF21兆円と「昭和40年不況」の棚上げ策

 日銀がマイナス金利政策を発動して早くも3年になる。いまのところ、日銀がマイナス金利政策を脱却する見通しは立っておらず、金融機関の…

知ってトクするモバイルライフ
3月1日に発売する「トーンe19」。シンプルなミドルレンジモデルで価格を抑えた

「iPhone1台分で1家族」トーンモバイル新端末

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下で格安スマホ事業を展開するトーンモバイルが、新端末「トーンe19」を3月1日に発…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
国道4号沿いのサービスエリア「Alzu」はサイ、カバ、インパラなどが放し飼いにされている人気スポット(写真は筆者撮影)

ヨハネスブルク「絶対に歩いてはいけない」地区を縦断

 ◇南アフリカ編(7) レソト王国入国に失敗したにもかかわらず、懲りもせず今度は、エスワティニ(旧スワジランド)の国境近くまで走っ…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

働き方改革のしわ寄せ?「収入半減」パート女性の嘆き

 A実さん(55)は、チェーン展開する自宅近くのクリーニング店で受付のパートとして働いています。昨年「働き方改革」への対応で店舗に…

メディア万華鏡
婚約が内定、記者会見される秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で2017年9月3日、代表撮影

「開かれた皇室」が生んだ?小室さんスキャンダル報道

 ガソリン、投下しちゃった。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期となっている米国留学中の小室圭さん(27)が1月22日、母…