マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

銀行が変額保険を売るのは「高い販売手数料」目当てか

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 貯蓄性金融商品を巡って、販売手数料の「見える化」問題がホットなテーマとなっている。複雑な仕組みで、かつ、リスクが高い変額保険などの保険商品のなかで、きわめて高水準の販売手数料が設定されているケースがあるからだ。

 こうした保険商品は、主に銀行を窓口にして販売されている。銀行は、生保から販売手数料を得る。銀行は現在、貸出金利が著しく低下して利ザヤ収入の確保が難しくなっているため、投信や保険商品の販売による手数料収入獲得に躍起になっている。

 そうしたなかで、売れ筋商品となっているのが、「特定保険契約商品」と呼ばれている一部の保険商品にほか…

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1532文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。