政治・経済セブン人事抗争の内幕

カリスマ鈴木会長が井阪社長退任案をゴリ押しした謎

毎日新聞経済部

社長交代案否決(6)

 3月30日に開かれたセブン&アイ・ホールディングス指名・報酬委員会の初会合。鈴木敏文・会長兼最高経営責任者(CEO)は自信に満ちた笑みをたたえて現れた。鈴木氏と村田紀敏セブン&アイHD社長兼最高執行責任者(COO)、それに、伊藤邦雄・一橋大名誉教授と米村敏朗・元警視総監の両社外取締役の4委員がそろい、会合が始まった。

 鈴木氏は席上、井阪隆一氏のセブン─イレブン・ジャパン社長退任案を提案した。しかし、2人の社外取締役…

この記事は有料記事です。

残り2031文字(全文2251文字)

毎日新聞経済部

毎日新聞経済部

経済の動きを追う記者の集団。金融市場の動き、企業動向、政府の経済政策や日銀の金融政策を日々追跡している。ワシントン、ロンドン、北京にも経済の専門記者を派遣している。