セブン-イレブン・ジャパン創業40周年記念式典であいさつする鈴木敏文氏=2013年11月、矢頭智剛撮影
セブン-イレブン・ジャパン創業40周年記念式典であいさつする鈴木敏文氏=2013年11月、矢頭智剛撮影

政治・経済セブン人事抗争の内幕

人事案否決で「引退」を表明したカリスマの胸中

毎日新聞経済部

社長交代案否決(8)

 4月7日、セブン&アイ・ホールディングス(HD)本社9階の会議室で開かれた取締役会。鈴木敏文会長が主導したセブン─イレブン・ジャパンの井阪隆一社長退任の人事案の投票が行われた。

 投票するのは社内取締役11人と、社外取締役4人の計15人。無記名投票で行われた投票の結果、人事案への賛成は7票、反対は6票。そして、白票が2票あった。賛成が過半数の8票に届かず、人事案は否決された。

 反対票を投じたのはやはり、採決前に反対を表明していた社外取締役4人、井阪氏、それに創業者である伊藤…

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2526文字)

毎日新聞経済部

毎日新聞経済部

経済の動きを追う記者の集団。金融市場の動き、企業動向、政府の経済政策や日銀の金融政策を日々追跡している。ワシントン、ロンドン、北京にも経済の専門記者を派遣している。