スマホが販売される店頭=東京都新宿区で、関口純撮影
スマホが販売される店頭=東京都新宿区で、関口純撮影

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

「脱チープ」格安スマホ新端末3強が散らす火花

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 夏商戦を迎え、大手通信事業者だけでなく、SIMフリースマホの新商品も続々と登場している。これらのスマホは、「格安スマホ」と呼ばれ、大手通信事業者から回線を借りるMVNOでの利用を想定したものだ。

 SIMフリースマホのメーカーは、調査によって順位は前後するが、上位3社はどこもほぼ同じだ。台湾メーカーのエイスース、中国メーカーのファーウェイ、そして日本メーカーのフリーテルが3強になっている。

この記事は有料記事です。

残り1674文字(全文1870文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。