米連邦議会議事堂前でイラン核合意とオバマ米政権を批判するトランプ氏=2015年9月9日、西田進一郎撮影
米連邦議会議事堂前でイラン核合意とオバマ米政権を批判するトランプ氏=2015年9月9日、西田進一郎撮影

グローバルWorld Watch(ワールド・ウオッチ)

“核合意”イラン金融制裁継続の背後にトランプの陰

会川 晴之 / 毎日新聞北米総局特派員

 ケリー米国務長官は4月と5月の2回、欧州系金融機関にイランとの金融取引を再開するよう異例の要請をした。イランと長年、敵対関係にあった米国が、あたかもイラン“応援団”のような振る舞いを続けるのは奇妙に見える。

 ケリー長官は5月12日、ロンドンで開かれたドイツ銀行、BNPパリバなど欧州を代表する金融機関との協議に臨み、イランとの金融取引再開を求めた。長官は4月にも国連の会合に出席するためニューヨークを訪れたイランのザリフ外相と2度も会談、同様の内容の声明を発表するとともに「もし不明な点があるならば、遠慮なく米政府に問い合わせてほしい」とまで付け加えた。

 不可解とも見える米国の行動を理解するには、歴史をさかのぼる必要がある。

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1608文字)

会川 晴之

会川 晴之

毎日新聞北米総局特派員

1959年東京都生まれ、北海道大学法学部卒、87年毎日新聞入社。東京本社経済部、政治部、ウィーン支局、欧州総局長(ロンドン)、北米総局長(ワシントン)などを経て、2018年12月から現職。日米政府が進めたモンゴルへの核廃棄計画の特報で、11年度のボーン・上田記念国際記者賞を受賞。日本発の核拡散を描いた毎日新聞連載の「核回廊を歩く 日本編」で、16年の科学ジャーナリスト賞を受賞。著書に「核に魅入られた国家 知られざる拡散の実態」(毎日新聞出版)。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモが新料金プランの「ギガホ」と「ギガライト」を6月に始める

ドコモが6月から新料金「分離プラン」は定着するか

 NTTドコモが、6月から新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」を導入する。最大4割値下げするとうたわれていたプランで、端末の購入…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ大陸側から欧州を見たジブラルタル海峡。対岸にジブラルタルの岩山が遠望できる(写真は筆者撮影)

「ジブラルタル海峡」欧州とアフリカが行き交った地

 ◇ジブラルタル海峡編(1) ナポレオンは「ピレネー山脈の南(スペイン)はアフリカだ」と言ったという。確かに山脈の南のイベリア半島…

メディア万華鏡
社会学者の上野千鶴子さん=東京・井の頭公園で2017年1月11日、中村藍撮影

上野千鶴子さん東大入学式スピーチの「#MeToo」

 日本版では女優の常盤貴子さんが主人公を演じ好評だった米国の大ヒットドラマ「グッド・ワイフ」のシーズン6を見ていたら、あまりにも分…

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…