スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

社内「やってくれない症候群」を撲滅する方法

細川義洋 / ITコンサルタント

 政府機関へのサイバー攻撃や不正アクセスが2015年度、613万件もあったという発表がありました。サイバー攻撃には、ウイルスが仕込まれたメールを送りつける「標的型メール」などがあります。これらを防ぐには、組織はもちろん個人としてもさまざまな対策を行う必要があります。

 職場では、上司がセキュリティー対策として、パスワード管理や指定場所へのファイル保存を部下に命じる場面もあるでしょう。ところが、こうした作業を面倒に思ってやらない人も多いようです。いまだに、インターネット上の見える場所に秘密情報を保存して盗まれた▽持ち出したパソコンを紛失し、ファイルを暗号化していなかった−−といった話をよく聞きます。

 セキュリティー対策は、作業の仕方を覚えれば簡単にできるのに、部下たちはなかなかやってくれない──そ…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1909文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。