内容と価格が毎日異なる「本日限りの今宵盛合せ」。写真は4010円(税別)のもの
内容と価格が毎日異なる「本日限りの今宵盛合せ」。写真は4010円(税別)のもの

くらしこの酒場この一品

「この日一番いい肉!」との一期一会を楽しむ老舗

印束義則 / ライター

埼玉・蓮田の「焼肉 食道楽」

 「この店の一番いいものを持ってこーい!」。そんなドラマのワンシーンみたいなことを、飲食店で一度は言ってみたい。多分、ものすごく気持ちがいいだろうなあ。そんな願望を抱いたことはありませんか?

 バーでそんなセリフを言ってドンペリを持ってこられても困るし、おすし屋さんなら極上本マグロの大トロがドッカーンと出てくるのかな? 焼き肉店ならどうだろう? カルビのとんでもなくうまいところが塊で出てきたら、さあ、どうする? 結局、このセリフは憧れでしかないのか。

 いやいや、そんなことはありません。埼玉・蓮田の「焼肉 食道楽」(埼玉県蓮田市本町、JR宇都宮線蓮田…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1330文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。