政治・経済プロが読み解くニッポン経済

ビジネス界のスター・ブレマーが語る“Gゼロ時代”

平野英治 / メットライフ生命副会長・元日銀理事

 国際関係において圧倒的なリーダー的立場の国家が不在となった現代。その状況を分析し、「Gゼロの時代」が到来したと評しているのが、国際政治・地政学に関するコンサルティング企業、ユーラシア・グループ代表のイアン・ブレマーだ。

 いまや同社のクライアントの多くが日本企業だと聞く。彼が来日する際に多くのビジネスパーソンが講演会会場に詰め掛け、固唾(かたず)をのんで見つめる。その前で生き生きと世界情勢を解説する様は、ビジネス界のロックスターさながらといったところか。

 これは日本企業とビジネスパーソンが、地政学の重要性に突然目覚めたからではなかろう。むしろ世界の構造…

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文1921文字)

平野英治

平野英治

メットライフ生命副会長・元日銀理事

1950年生まれ。73年、一橋大学経済学部を卒業後、日本銀行に入行。33年あまりの勤務で国際局長や国際関係担当理事を歴任した。金融政策、国際金融の専門家で、金融機関の監督にも手腕をふるった。2006年に日銀理事を退任後、トヨタ自動車グループのトヨタファイナンシャルサービス株式会社に転じ、14年6月まで副社長を務めた。同年9月、メットライフ生命保険日本法人の副会長に就任。経済同友会幹事としても活動している。