パナマ文書が流出し、問題の震源になった法律事務所「モサック・フォンセカ」の看板=パナマ市で2016年4月、清水憲司撮影
パナマ文書が流出し、問題の震源になった法律事務所「モサック・フォンセカ」の看板=パナマ市で2016年4月、清水憲司撮影

グローバル海外特派員リポート

パナマ文書の舞台で暗躍する弁護士たちの「理屈」

清水憲司 / 毎日新聞経済部記者

 世界の富裕層らによる課税逃れの実態を明らかにした「パナマ文書」。首都パナマ市は太平洋と大西洋をつなぐ交通の要衝だが、中米の金融センターとしての地位も固め、中心街の高層ビルには金融機関や法律事務所が軒を連ねる。政治・経済で弁護士が強い影響力を持つパナマを歩いた。

 4月下旬のパナマ市。気温は30度を超え、湿った海風のせいか汗が噴き出す。

 「あなたの情報は、我々のコンフィデンシャル(秘密)ファイルに収められます。捜査が行われない限り、情…

この記事は有料記事です。

残り1475文字(全文1693文字)

清水憲司

清水憲司

毎日新聞経済部記者

 1975年、宮城県生まれ。高校時代まで長野県で過ごし、東京大学文学部を卒業後、99年毎日新聞社に入社。前橋支局を経て、東京経済部で流通・商社、金融庁、財務省、日銀、エネルギー・東京電力などを担当した。2014~18年には北米総局(ワシントン)で、米国経済や企業動向のほか、通商問題などオバマ、トランプ両政権の経済政策を取材した。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモが新料金プランの「ギガホ」と「ギガライト」を6月に始める

ドコモが6月から新料金「分離プラン」は定着するか

 NTTドコモが、6月から新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」を導入する。最大4割値下げするとうたわれていたプランで、端末の購入…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ大陸側から欧州を見たジブラルタル海峡。対岸にジブラルタルの岩山が遠望できる(写真は筆者撮影)

「ジブラルタル海峡」欧州とアフリカが行き交った地

 ◇ジブラルタル海峡編(1) ナポレオンは「ピレネー山脈の南(スペイン)はアフリカだ」と言ったという。確かに山脈の南のイベリア半島…

メディア万華鏡
社会学者の上野千鶴子さん=東京・井の頭公園で2017年1月11日、中村藍撮影

上野千鶴子さん東大入学式スピーチの「#MeToo」

 日本版では女優の常盤貴子さんが主人公を演じ好評だった米国の大ヒットドラマ「グッド・ワイフ」のシーズン6を見ていたら、あまりにも分…

ニッポン金融ウラの裏

銀行主導デジタルマネーが「お祭り騒ぎ」で終わる懸念

 銀行業界でデジタルマネー導入の動きが続いている。みずほグループは独自のデジタルマネー「J-COIN」を3月からスタートし、三菱U…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「店長だから」と負担増“36歳子育て女性”の不信感

 2児を育てるA美さん(36)は、あるフラワーショップの店長です。当初はアルバイトでしたが、半年前に店長に指名されフルタイム勤務に…