くらし20年後の暮らしとお金

株式の長期保有はインフレ対策の「正攻法」

塚崎公義 / 久留米大学商学部教授

金融商品の基礎知識(9)

 株式投資というと「怖い」「バクチは好かない」といった反応をする人が多いのですが、長期投資をすれば立派なインフレ対策になります。もっとも、株式投資に際しては気をつけるべきことも少なくないので、今回は株式投資の際に注意すべき事について考えてみましょう。

株式への短期投資は「価格の変化」に賭けるもの

 株式投資には2通りあります。「今日買って明日売って値上がり益を稼ごう」という短期投資と、「買ったら10年持っていて配当と値上がり益を稼ごう」という長期投資です。両者は似ているようで、本質的な違いがあります。

 短期投資は価格の変化を予想してもうけようというもので、バクチや投機に近いものです。これは資産運用と…

この記事は有料記事です。

残り1205文字(全文1518文字)

塚崎公義

塚崎公義

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関係の仕事に従事した後、2005年に銀行を退職して久留米大学へ。「退職金貧乏 定年後の『お金』の話」「老後破産しないためのお金の教科書」「増補改訂 よくわかる日本経済入門」「世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書」「なんだ、そうなのか! 経済入門」など著書多数。