無農薬有機栽培で育った茶葉と杵塚歩さん(左)=小高朋子撮影
無農薬有機栽培で育った茶葉と杵塚歩さん(左)=小高朋子撮影

 透き通る淡い緑色のお茶が、日差しを浴びて湯飲みの中で揺れる。濃厚な香りに、柔らかで豊かな甘みとうまみが口に広がり、疲れた体に染み渡る。春に芽吹いた新芽から作られたお茶「初摘みみどり」(100グラム1944円、税込み)は、地中から吸い上げた生命力にあふれている。

虫や鳥が住む茶畑で育つ「初摘みみどり」

 ウグイスの声が響き渡る森の中に、その茶畑はあった。有限会社「人と農・自然をつなぐ会」は、静岡県藤枝市で1975年に創業して以来、山並みが連なる同市瀬戸谷(せとや)で無農薬・有機栽培にこだわったお茶作りをしている。「農薬を使わない安全なお茶を飲みたい」という消費者の声がきっかけだ。当時は農薬、除草剤、化学肥料の時代だったが、代表の杵塚(きねづか)敏明さん(72)は、自然と調和した安心で安全な農業を目指そうと決意した。

 同社の茶畑には、てんとう虫やヘビ、カマキリなどが生息し、ときには鳥が巣をつくって子育てを始めること…

この記事は有料記事です。

残り1732文字(全文2142文字)

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

ニッポン金融ウラの裏

進む「キャッシュレス化」誰が責任を負っているのか

 キャッシュレス決済を巡る論議が高まり続けている。政府も外国人旅行者の増大を踏まえて、キャッシュレス化推進の旗を振り続けている。社…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ミンスク駅前広場に今も建つレーニン像。背後のビルもスターリン的(写真は筆者撮影)

ミンスクの街を歩き考えた「ベラルーシ人」とは何者か

 ◇ベラルーシ・ミンスク編(2) 旧ソ連解体後に独立した国の中で唯一、ロシアべったりの体制を続けてきたベラルーシ。その首都ミンスク…

職場のトラブルどう防ぐ?

「ネトゲにはまって遅刻がち」若手社員をどう扱うか?

 A夫さん(46)は、社員数約80人の機械部品製造卸会社で品質管理部の責任者をしています。入社3年目の部下、B輔さん(23)の勤怠…

メディア万華鏡
第38回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、笑顔で拍手をされる天皇、皇后両陛下=高知県土佐市の宇佐しおかぜ公園で2018年10月28日、加古信志撮影

「発信する皇后」美智子さまが平成にもたらしたもの

 「既視感、もう飽きた」--。皇后さまが10月20日、84歳の誕生日を迎えられた。天皇陛下の退位まで半年。皇后として最後の誕生日と…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…