大河ドラマ「真田丸」でも、新井浩文さん演じる加藤清正が活躍している=NHK提供
大河ドラマ「真田丸」でも、新井浩文さん演じる加藤清正が活躍している=NHK提供

社会・カルチャー戦国武将の危機管理

熊本で河川治水を成功させた加藤清正の意外な能力

小和田哲男 / 静岡大学名誉教授

 天正15年(1587年)、豊臣秀吉が九州を平定したあと、その論功行賞として肥後一国を与えられたのが佐々成政だった。ところが、佐々成政は在地の状況などをあまり考えることなく、強圧的な態度で検地を強行するなどしたため、菊池氏・阿蘇氏・隈部(くまべ)氏ら国人領主が反発し、一揆をおこしている。

 結局、成政一人では一揆を鎮圧することができず、小早川隆景・黒田官兵衛の応援を得て鎮圧することができたが、その責任を取って、成政は改易され、しかも切腹させられている。その成政のあとを受け、北肥後に入ったのが加藤清正である。ちなみに、南肥後には小西行長が入っている。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1326文字)

小和田哲男

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街東外れの丘のふもとにある勝利広場とギリシャ正教会(写真は筆者撮影)

ユジノサハリンスクの街に見た「ソビエト」の名残り

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(2) 2018年6月末、日本政府が設置した「サハリン日本センター」主催のロシア人向け講座の講師と…

メディア万華鏡
 

平成とともに消え去る?「女子アナ時代」の30年

 小宮悦子(元テレビ朝日)、高島彩(元フジテレビ)、田丸美寿々(元フジテレビ)、八木亜希子(元フジテレビ)、吉川美代子(元TBS)…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「定時帰りは無理!?」26歳女性“固定残業代”への疑問

 A子さん(26)は、3カ月前に今の会社に転職しました。職種は営業アシスタントです。転職以降、定時に上がれる日がほとんどありません…

知ってトクするモバイルライフ
プライバシー重視の方針を打ち出すアップル。開発者向け会議でもプライバシーに関してはたびたび言及される(写真は2018年6月のアップルの年次開発会議<WWDC>)

アップルが「GAFA」一括りにされるのを嫌がる理由

 総務省は、電気通信事業法の「通信の秘密」の規定を、巨大なプラットフォームを持つ海外のIT企業にも域外適用する方向で検討を進めてい…

ニッポン金融ウラの裏
 

キャッシュレス化20%「日本は遅れてる」はホント?

 「デジタルマネー」が引き続きホットな話題となっている。政府が推進するキャッシュレス化社会の流れに沿った議論だ。だが、さまざまな官…