最低賃金引き上げを求めるのぼり=JR新宿駅東口で、戸嶋誠司撮影
最低賃金引き上げを求めるのぼり=JR新宿駅東口で、戸嶋誠司撮影

くらし下流化ニッポンの処方箋

生活保護申請で「すみません」と頭を下げ続ける24歳

藤田孝典 / NPO法人ほっとプラス代表理事

貧困は固定化している(3)

 大手住宅メーカーの正社員営業職の男性(24)から相談がありました。東京の有名大学を卒業して勤めていましたが、営業職として建築やリフォームの仕事を取ってくるノルマがきつく、2年目にメンタルをやられてしまいました。今は休職中です。

 会社には営業職部隊が100人近くいて、成績が悪いと退職を勧奨されることもあるほど競争が厳しかったそうです。一生懸命やっていたのですが、上司に「前月より成績が悪い」「能力がない、辞めろ」というパワハラを受けていました。その結果、ある日の朝起きられなくなり、それから会社に行けなくなりました。

 まじめな青年です。がんばって長時間働いていましたが、だんだん疲れてきて。職場では先輩もどんどん辞めていました。先輩のノルマが自分にかぶさり、さらに自分のノルマにも追われ、疲れてしまった。

 出身は埼玉県、実家を出て1人暮らしをしていました。「会社に行けなくて休んでます。給料も出ないので家賃を滞納し、困ってます、実家にも帰れないし……」。親にも休んでいることを責められたと言っていました。

「がんばれ」と励まされてもがんばれない

 この青年の親世代は50代以上、今の若者の状況をよく知りません。だから「なんで働かないの? がんばらないの?」と責めてしまう。「俺たちは努力して、がんばって、がまんして、10年の下積みに耐えたんだ……」みたいなことを言ってしまう。

 すると子供は実家にも戻れません。ブラックな会社でひどい扱いを受け、家族にも理解されない。周囲に味方がいないのは、貧しさ以上につらいことです。

 がんばって、みんなが豊かになって、夫の給料で専業主婦と家族を養えた高度経済成長は、わずか30年ぐらいしか続きませんでした。その記憶と成功体験が親世代の心と体に刻み込まれています。今から見ればかなり特殊な時期だったけれど、政治の現場にいる人たちも同じく、美しく輝いた時代だったのでしょう。

 今、そのシステムでは社会がもちません。賃金とボーナスはそう簡単に上がりません。会社は非正規雇用を増やして人件費を抑え、正社員の数を減らして1人あたりの仕事を増やしています。中高年の仕事は、昔を懐かしみ若者に精神論を押しつけるのではなく、社会システムをどう変えればいいかを考えることです。

耐えられなかった自分を責める

 彼は今、会社と労働組合を通じて団体交渉中ですが、「自分はがまんできなかったし、会社に貢献できなかった。耐えられなくて申し訳なかった」と、今も自分を責めています。さらに、「辞めたら食べていけない」という恐怖感にさいなまれてもいました。この洗脳を解くのは大変です。

 「いや、あなた全然悪くないですよ、先輩たちも続かなかったし、早く辞めた方がいいですよ」と説得し、生活保護の受給を勧めました。一時的に生活保護を受け、体調を戻すことが先決なのですが、申請を勧めても信じてもらえません。

 「こんな若い僕が、生活保護をもらえるはずがない。本当に受給できるんですか。それ以上に、もらったら申し訳ないじゃないですか」と言うのです。役所に付き添って申請に行ったときも「すみません、すみません」と何度も言っていました。

 逃げ場のない状態のまま、無理に仕事を続けると、精神的に抑圧されてうつ病などの精神疾患を発症する恐れもあります。

 中小企業の従業員とその家族が加入する健康保険団体「全国健康保険協会」(略称・協会けんぽ、加入者数約3600万人)が、2014年に公表した「傷病手当金受給者の状況について」によると、受給原因でもっとも多いのは「精神及び行動の障害」2万2161件で、全体の25.7%でした(13年データ)。

 第1次就職氷河期と言われる98年には5505件でしたから、広い意味での「心の病」で傷病手当金を受ける人が、15年間でおよそ4倍に増えたことになります。

心と体を壊す前に、使える制度を知っておく

 うつなどになって仕事を休み、収入がなくなった人は、条件が合えば健康保険から傷病手当金を受け取ることができます。原則、収入の約6割にあたる金額を最長で1年6カ月間受け取れる制度ですが、あまり知られていません。

傷病手当金について

 一度病気になると復職まで長い時間がかかります。つらい仕事を必要以上にがまんしない、病気になりそうなら早めに休んで傷病手当金を申請するか、きっぱり仕事を辞め、生活が苦しい場合は生活保護など諸制度をうまく使って、心と体の健康を取り戻すことが大事です。

 今回、生活保護を申請した24歳男子は、窓口の担当者に「とりあえず保護をもらって、暮らしを立て直してください。早く働けるようになるといいですね」と励まされ、ぼろぼろ涙をこぼしました。

 「そんな優しいことを言ってもらったの、初めてです……」

 <「下流化ニッポンの処方箋」は原則毎週1回掲載します>

若者の貧困を放置したらいずれ日本は大混乱

「ブラックバイトと奨学金」生存をかける学生たち

ふつうの会社員がある日介護で「下流」に転落する

離婚、認知症、孤立……銀行員を襲った老後の貧困

「貧困」を放置すると社会の負担はさらに増える

30代共働き部下を「使えない」と責めるバブル上司の罪

藤田孝典

藤田孝典

NPO法人ほっとプラス代表理事

1982年生まれ。NPO法人ほっとプラス代表理事、聖学院大学人間福祉学部客員准教授、反貧困ネットワーク埼玉代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。ソーシャルワーカーとして現場で生活困窮者支援をしながら、生活保護や貧困問題への対策を積極的に提言している。著書に「下流老人 一億総老後崩壊の衝撃」「ひとりも殺させない」「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」など。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
LINEのAI「クローバ」を搭載したスマートスピーカー「ウェーブ」(c)LINE / NAVER

LINEのスマートスピーカー「ウェーブ」の発展性

 話しかけるだけで、LINEに届いたメッセージを読み上げてくれたり、好みに合わせた音楽を再生したりしてくれる──。そんなスマートス…

世界透視術
米大統領専用機「エアフォースワン」=2016年5月25日、兵藤公治撮影

盗聴器27個でトラウマ?中国主席の“ボーイング不信”

 世界のトップリーダーを自負する米国大統領のステータスシンボルのひとつが大統領専用機だ。通称「エアフォースワン」、現在はボーイング…

下流化ニッポンの処方箋

本当の敵は高齢者ではなく“雇用を破壊した人たち”?

 ◇提言「不安な個人、立ちすくむ国家」への不安(最終回) 経済産業省の若手官僚グループが5月に公表した提言「不安な個人、立ちすくむ…

メディア万華鏡
政府専用機に乗り込む安倍晋三首相と妻の昭恵さん=羽田空港で2017年5月25日、藤井達也撮影

「夫や妻の不始末」で相方は責任を取る必要があるのか

 <民進党の柿沢未途役員室長は7日、蓮舫代表に辞任を申し出て了承された。柿沢氏の妻で東京都議の幸絵氏が、都議選(23日告示、7月2…

育児サバイバル
すやすや=関口純撮影

「仕事+家事+育児」をこなす男たちの焦りと苦悩

 厚生労働省は5月30日、2016年度の「雇用均等基本調査(速報版)」を公表しました。男性の育児休業取得率は3.16%で、前年度に…