スタンド・バイ・ミー/ベン E.キング・コレクション(スーパー・ファンタスティック・ベスト2009)/ワーナーミュージックジャパンWPCR-13405/1500円
スタンド・バイ・ミー/ベン E.キング・コレクション(スーパー・ファンタスティック・ベスト2009)/ワーナーミュージックジャパンWPCR-13405/1500円

社会・カルチャー切ない歌を探して

少年時代のあの夏がよみがえる「スタンド・バイ・ミー」

森村潘 / ジャーナリスト

 夏も盛り、若い人にはまた夏休みがやってくる。もうそれほど長い休みをとれない大人たちは、「あー、あのころはおもしろかったなあ」などと井上陽水の「少年時代」を聴きながら思うかもしれない。大人の女性なら、山口百恵の「ひと夏の経験」を思い出して、ちょっとドキドキするだろうか。

 こういう夏休みは、冒険の時代でもある。スティーブン・キング原作の映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)は、少年たちの忘れられないひと夏の冒険を描いた名作だ。舞台は50年代の太平洋岸のオレゴン州、4人の少年が死体探しの旅に出る。この旅を終えれば、大人になれるとでもいうように鉄路に沿って歩いていくシーンが印象的だった。

 不安はいっぱいだが、仲間がいるからできる。若いころの友だちっていいなと思わせるなかで、スクリーンで…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1540文字)

森村潘

森村潘

ジャーナリスト

大手新聞、雑誌編集などを経てコミュニティー紙の編集などに携わる。ジャンルを超えて音楽を研究、アメリカ文化にも詳しい。