「牛たん アヒージョ」(680円税別、以下同)はバルならではの一品として人気が高い
「牛たん アヒージョ」(680円税別、以下同)はバルならではの一品として人気が高い

くらしこの酒場この一品

サラリーマンの聖地で味わう牛たんバルの魅力

印束義則 / ライター

東京・新橋「新橋炭焼牛たん本舗」

 サラリーマンの聖地、東京・新橋の裏通りに、「牛たんバル」と書かれたオレンジ色の袖看板がひと際目立つ。「新橋炭焼牛たん本舗」(東京都港区新橋、JR・地下鉄新橋駅徒歩2分、地下鉄内幸町駅徒歩5分)は、牛たん料理を売り物にした“バル”である。

 時代の“キーワード”が詰まったお店。かといって、はやりの要素をかき集めたお店とも違う。キーワードをきちんと消化し、それらを巧みに融合させて独自の魅力を生み出したお店だ。

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1558文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。