社会・カルチャー戦国武将の危機管理

落雷に備えて子3人を分散させた家康のリスク感覚

小和田哲男 / 静岡大学名誉教授

 避雷針が発明される以前、雷は脅威であった。特に高層建築である天守にはよく雷が落ちている。防ぐ手だてはなく、天守のすぐ近くに天守と同じくらいの高さの木を植え、避雷樹とした例もあるが、あまり効果はなく、全国の城を調べると、落雷によって天守が焼失したという事例は多い。

 また、戦国武将の中には雷の直撃を受け、大けがをした者もいた。豊後の戦国大名大友宗麟の重臣で、軍師ともいわれる立花道雪は、雷にあたり、足が不自由になり、馬に乗ることができず、手ごしに乗って戦場を走りまわったことが知られている。雷の直撃を受けて亡くなった者、屋内にいて、雷による火災で命を失った者も少なくなかった。

 このことに関して、徳川家康にまつわるエピソードがある。家康は、慶長10年(1605年)、将軍職を子…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1275文字)

小和田哲男

小和田哲男

静岡大学名誉教授

戦国大名・今川氏のお膝元で、徳川家康の隠居先でもあった静岡市で1944年に生まれる。72年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本中世史。戦国時代史研究の第一人者として知られ、歴史番組でおなじみの顔。趣味は「城めぐり」で、公益財団法人「日本城郭協会」の理事長も務める。主な著書に「戦国の群像」(2009年、学研新書)、「黒田官兵衛 智謀の戦国軍師」(13年、平凡社新書)。公式サイト https://office-owada.com

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ミンスク駅前広場に今も建つレーニン像。背後のビルもスターリン的(写真は筆者撮影)

ミンスクの街を歩き考えた「ベラルーシ人」とは何者か

 ◇ベラルーシ・ミンスク編(2) 旧ソ連解体後に独立した国の中で唯一、ロシアべったりの体制を続けてきたベラルーシ。その首都ミンスク…

職場のトラブルどう防ぐ?

「ネトゲにはまって遅刻がち」若手社員をどう扱うか?

 A夫さん(46)は、社員数約80人の機械部品製造卸会社で品質管理部の責任者をしています。入社3年目の部下、B輔さん(23)の勤怠…

ニッポン金融ウラの裏
売買システムの一部で障害が起きた東京証券取引所=2018年10月9日、和田大典撮影

東証システム障害で吹き出した株式取引の“大問題”

 東京証券取引所で10月9日に発生したシステム障害問題は、東証が24日に金融庁に報告書を提出するとともに、内部の責任を明確化したこ…

メディア万華鏡
第38回全国豊かな海づくり大会の放流会場で、笑顔で拍手をされる天皇、皇后両陛下=高知県土佐市の宇佐しおかぜ公園で2018年10月28日、加古信志撮影

「発信する皇后」美智子さまが平成にもたらしたもの

 「既視感、もう飽きた」--。皇后さまが10月20日、84歳の誕生日を迎えられた。天皇陛下の退位まで半年。皇后として最後の誕生日と…

知ってトクするモバイルライフ
デザインや機能を一新した「iPadプロ」。左が11型、右が12.9型

新「iPadプロ」はホームボタンなくして超高性能

 アップルは、米ニューヨークで10月30日(現地時間)、「iPadプロ」の新モデルを発表した。11月7日に発売される予定で、価格は…