社会・カルチャーベストセラーを歩く

太宰と出会った又吉直樹の文学随筆「夜を乗り越える」

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 又吉直樹の「火花」が昨夏、芥川賞を受賞したのは、さまざまな意味でよかった。受賞作の書評はこの欄で書いたので繰り返さない。若者群像の中に笑いの絶対零度(笑いが起こる場所)を追い求めた魅力的な小説だった。

 ただ、又吉の受賞の意味はそれだけではない。かねて、今の日本の小説界には文学の現場と読者をつなぐような役割がどうにもこうにも必要だと強く思っていたのだ。純文学は決して難しいものではない、面白くて役に立つものだと解説できる存在、それが小説の書き手であれば、さらにいいのだが、と考えていたのだ。

 又吉なら、そんなややこしい役割をこなすだろう。彼の率直で謙虚で、しかし安易に妥協しない姿勢は独特な…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1618文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。