IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

格安スマホの質はMVNOを支える裏方で見極める

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 格安スマホの老舗として知られる日本通信が、一般利用者向けのサービスを、映像配信大手のU−NEXTに継承することを発表した。日本通信は戦略の転換を図っており、「MVNE」と呼ばれる事業に注力する方針を掲げている。

 MVNEとは、「モバイル・バーチャル・ネットワーク・イネイブラー」の頭文字を取った略称で、日本語では仮想移動体通信サービス提供者などと呼ばれることもある。

 格安スマホを提供する会社は、大手通信事業者から回線を借り、基地局などの設備を持たないため、MVNO…

この記事は有料記事です。

残り1492文字(全文1726文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。