スキル・キャリア職場のハラスメントどう防ぐ?

「定時退社イクメン」放逐で意識高い系集団は大損失

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 Aさんは、従業員数30人ほどの小さなコンサルティング会社に勤務する30代後半の男性です。仕事ぶりは至って真面目で資料の検証なども細かく、より正しい情報を顧客に伝えることを喜びとするタイプで、顧客からも厚い信頼を得ていました。

 仕事には厳しいAさんでしたが、毎日定時に帰宅してしまうため、部内では浮いた存在だったそうです。他の社員は、繁忙期には徹夜するくらい働くこともその背景にあったのでしょう。実はAさんの妻が夜勤もある看護師で、結婚5年目で授かった長男の保育所の迎えはAさんの役割だったのです。

 ただAさんは、定時に帰るために毎日、昼食を取らずに仕事をこなしていました。朝も都合がつく限り、定時…

この記事は有料記事です。

残り1831文字(全文2130文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/