スキル・キャリア職場のハラスメントどう防ぐ?

問題社員への対応が「マタハラ」と言われるとき

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 小売業を営むA社長の会社に、半年前に採用したパート社員Bさんがいました。Bさんは勤務時間中に私語が多く、顧客には「タメ口」を使い、注意を受けたときには不機嫌な気持ちを隠さないなど、勤務態度に問題がありました。

問題行動がエスカレートした契約社員

 A社長は当初、Bさんを6カ月契約で雇用したため、更新するかどうかかなり悩んだのですが、人手不足でもあり、今後、勤務態度が改善されるかもしれないという期待を抱いて、さらに6カ月の契約更新を口頭で伝えました。

 その際、Bさんには「勤務態度を改善してほしい」と伝えたのですが、契約更新に安心したのか、ますますB…

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2318文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/