くらしマンション・住宅最前線

犯罪抑止の防犯カメラは文字通り目立ってなんぼ

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 近年、戸数の多い一戸建て住宅地で目にする機会が増えたのは「防犯カメラ設置」の看板。住宅地の入り口部分に立つ電柱など、目線の高さにこの看板が付けられている。見上げると、確かに監視カメラがある。これって、効果があるのだろうか……。

 住宅地の入り口に付けられた防犯カメラは24時間ずっと録画をしている。そして、1週間など定められた期間で、映像データは上書きされる。空き巣など犯罪が起きたら、大まかな犯行時間を推測し、映像データに犯人の姿が映っていないかどうかを確認する。普通は犯罪が起きたらすぐに警察に連絡するため、1週間程度さかのぼることができれば用が足りるわけだ。

 最近の住宅地は、住宅地内に入る道を制限し、なるべく無用の人が立ち入らないようにしている。入り口が少…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1411文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。

イチ押しコラム

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…

世界透視術

北朝鮮に改革開放の兆し? 指導は中国! カネは日本!

 今年10月、安倍晋三首相が中国を訪問し、習近平国家主席と日中首脳会談を検討しているという情報が首相官邸筋から流れている。こういう…

職場のトラブルどう防ぐ?

パート看護師「社会保険への加入」で院長が悩んだ理由

 A雄さん(53)は、職員数20人ほどのクリニックの院長です。職員には、フルタイムの看護師のほか、短時間勤務(パート)の看護師が数…