発売されたばかりの「iPhone7」=東京都渋谷区のアップルストア表参道店で2016年9月16日、竹内紀臣撮影
発売されたばかりの「iPhone7」=東京都渋谷区のアップルストア表参道店で2016年9月16日、竹内紀臣撮影

IT・テクノロジー知ってトクするモバイルライフ

iPhone7登場で3社投入「20GB6000円」プラン

石野純也 / ケータイジャーナリスト

 「話題のスマホ」と呼ばれるだけに、iPhoneの発売時期は、携帯電話事業者に利用者の関心が集まりやすい。大手3社とも、ここに合わせて、ネットワークや料金のアピールをするのが、毎年の恒例行事になっている。料金プランが改定されることもある。今年の競争軸は、「大容量プラン」だ。

30GBは8000円

 戦いを仕掛けたのは、ソフトバンク。同社は、iPhone 7、7 Plus発表直後の9月8日に、「ギガモンスター」と呼ばれる料金プランを発表した。

 ギガモンスターとは、通話定額に組み合わせる大容量のデータ定額のことで、あらたに20ギガバイト(GB…

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1626文字)

石野純也

石野純也

ケータイジャーナリスト

1978年、静岡県生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。2001年、宝島社に入社。当時急速に利用者数を伸ばしていた携帯電話関連のムック編集に携わる。05年には独立してフリーランスのジャーナリスト/ライターに転身。通信事業者、携帯電話メーカー、コンテンツプロバイダーなどを取材、幅広い媒体に原稿を執筆する。業界動向を記したビジネス書から、端末の解説書まで著書も多い。