GPIFの事務所がある虎ノ門ヒルズ
GPIFの事務所がある虎ノ門ヒルズ

マネー・金融ニッポン金融ウラの裏

東証全銘柄に投資するGPIF「株式運用」の欺まん

浪川攻 / 金融ジャーナリスト

 株式運用を拡大した年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が今年4〜6月期に5兆円の運用損失を出した。短期の運用損をことさら問題にするわけではないが、国民の老後資金の運用について、株式など高度な領域に向かっている以上、透明性の確保は従来にもまして重要な論点となるはずである。その具体的な運用方法もだ。

 GPIFの株式運用拡大は政府方針として決定したものである。それは、「成長企業の一層の成長のための資…

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文1710文字)

浪川攻

浪川攻

金融ジャーナリスト

1955年、東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカーを経て、金融専門誌、証券業界紙、月刊誌で記者として活躍。東洋経済新報社の契約記者を経て、2016年4月、フリーに。「金融自壊」(東洋経済新報社)など著書多数。