スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

大きくたたけば大きく鳴る“太鼓部長”の部下育成法

細川義洋 / ITコンサルタント

 「優秀なリーダーの下で人は育ちにくい」と言われます。例えばIT企業では、システム設計に行き詰まった部下が優秀なリーダーを頼り、安直に答えをもらってしまうことがあります。部下は頭を悩ますことがないので、スキルが向上しないことが多々あるのです。

 とはいえ、部下が困った顔をしていれば、助けたくなるのが上司でしょう。手取り足取り教えることもあるでしょうし、難しい仕事なら丸ごと引き取ってしまうかもしれません。しかし、それでは部下は育たず、チームの力もいつまでも伸びません。厄介な問題です。

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1700文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。