衆院本会議に臨む安倍晋三首相=2016年9月26日、長谷川直亮撮影
衆院本会議に臨む安倍晋三首相=2016年9月26日、長谷川直亮撮影

スキル・キャリア思いを伝える技術

「自民議員総立ち」を演出した安倍首相演説の違和感

川井龍介 / ジャーナリスト

 東京都内で働く30代の女性Kさんは、喫茶店を利用した後、しばらくしてスマホがないのに気づいて店に電話をしました。電話に出た男性店員に事情を説明すると、いまのところ忘れ物はないという返事だったので「あとで見つかるようなことがあったら連絡してください。名前と電話番号を言っておきます」と告げました。

 すると、店員は「ちょっと待ってください。そんな個人情報を言われても困ります」と拒否しました。あぜんとしたKさん。あとで思えば「個人情報に対する無知というより、それを盾に取って関わりたくないといった感じだった」と憤慨します。

この記事は有料記事です。

残り1524文字(全文1784文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。