信州ファーム荻原の「信州りんご米 やえはら舞」(付属のリンゴはイメージです)=小高朋子撮影
信州ファーム荻原の「信州りんご米 やえはら舞」(付属のリンゴはイメージです)=小高朋子撮影

社会・カルチャー「この人、この土地」だから生み出せる一品

ジュース搾りかす堆肥で育てた「信州りんご米」の挑戦

小高朋子 / 旅食ライター・カメラマン

 立ち込める湯気と、ほんのり甘い米の香りが鼻をくすぐる。ツヤツヤと輝く米粒には生命力を感じる。それもそのはず、数日前に収穫されたばかりの正真正銘の新米「信州りんご米 やえはら舞」(2キロ1300円税込み)だからだ。粘りがあるのに粒が立ち、しっかりと歯ごたえがある。かむたびに深みのある甘みと香りが口に広がり、思わずおかわりをしてしまう。飽きのこない味だ。

この記事は有料記事です。

残り2190文字(全文2367文字)

今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら

小高朋子

小高朋子

旅食ライター・カメラマン

1982年、神奈川県生まれ。アパレル業界、映像製作会社を経て、フリーランスに。持続可能なモノづくりの可能性を求めて各地を巡り、地域の食文化、工芸品、産業などを取材し、写真、映像も用いてその魅力を紹介している。現在、農業者向けのビジネススクール(オンラインアグリビジネススクール)にかかわり、各地の農業現場の取材を担当。旅と、おいしい食べものと日本酒が何よりも好き。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
アフリカ最南端・アグラス岬に向かうオバーバーグ地方には、羊の牧場に菜の花畑が織り交ざる、美しい丘陵地が広がっていた(写真は筆者撮影)

ケープタウンからアフリカ最南端アグラスへ車を駆る

 ◇南アフリカ編(3) 聞いていたレベルまでの治安の悪さは感じなかったケープタウンのダウンタウンで、5日間の契約でレンタカーを借り…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

「自分勝手に勤務?」ママパートに困惑する歯科経営者

 A夫さん(42)は、自分のクリニックを経営する歯科医師です。パートの歯科衛生士で3児の母であるB子さん(33)の“自分勝手な勤務…

ニッポン金融ウラの裏
 

地域銀行が「収益力強化」のために今年やるべきこと

 今年の金融分野の課題は何か――。前回は証券市場の問題を考えたが、今回は間接金融、つまり銀行業界に目を向けてみたい。最大級のテーマ…

知ってトクするモバイルライフ
ディスプレーを折りたためる「フレックスパイ」

5Gに向け新作スマホ「二つ折り画面」は普及するか

 米ラスベガスで1月8~11日、世界最大の家電・IT見本市「CES」が開かれた。 パソコン、テレビから人工知能(AI)を採用した白…

メディア万華鏡
西武・そごうのサイトに公開された広告動画

西武そごう広告とSPA!「残念なメディア」の共通項

 昨年の新語・流行語のトップ10に、性暴力を告発する「#MeToo」が入って喜んでいたら、新年早々、メディアと女性をめぐるがっかり…