村上春樹さんの著作「職業としての小説家」=三省堂書店神保町本店で2016年10月12日
村上春樹さんの著作「職業としての小説家」=三省堂書店神保町本店で2016年10月12日

社会・カルチャーベストセラーを歩く

カフカ、ノルウェイ…村上春樹おすすめ3作品

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 2016年のノーベル文学賞が13日発表され、アメリカの歌手、ボブ・ディランさん(75)に授与されることが決まりました。歌手のノーベル賞受賞は初めてです。一方、受賞が期待されていた作家の村上春樹さんは、今年も残念ながら受賞しませんでした。しかし、賞に関係なく、村上文学は豊穣(ほうじょう)です。読書の秋、改めて村上作品を楽しんでみませんか。文芸評論家の重里徹也・聖徳大教授は「ノルウェイの森」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「海辺のカフカ」をおすすめの3冊に挙げています。昨年10月9日に経済プレミアに掲載した記事を再掲しますので、ご覧ください。

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3055文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

転職する27歳男性が驚いた「最後の給与」の手取り額

 A太さん(27)は4年間勤務した会社を3月末に退職し、4月から新しい会社に転職して1人暮らしを始めます。転職は大学の先輩に誘われ…

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモの「らくらくスマートフォン ミー」。花の種類を識別する機能を搭載

「スマホなしシニア」3000万人を狙うドコモの秘策

 NTTドコモが富士通コネクテッドテクノロジーズ製(FCNT)の「らくらくスマートフォン ミー」を発売。3月6日からテレビCMも開…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…

ニッポン金融ウラの裏
内閣府=2014年6月11日、根岸基弘撮影

経済の司令塔・内閣府の中長期試算「いまも現実離れ」

 厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題が国を揺るがしている。信頼すべき国の統計の調査に瑕疵(かし)があり、信ぴょう性が疑…