グラント郡国際空港に到着し、歓迎を受けるMRJのパイロットら=米西部モーゼスレークで2016年9月28日午後6時26分、竹地広憲撮影
グラント郡国際空港に到着し、歓迎を受けるMRJのパイロットら=米西部モーゼスレークで2016年9月28日午後6時26分、竹地広憲撮影

IT・テクノロジーMRJが世界を飛ぶ日

全米で性能試験 MRJが米航空局を納得させる日

編集部

 三菱航空機が開発するMRJ(三菱リージョナルジェット)は、試験1号機が9月末にワシントン州モーゼスレークのグラント郡国際空港に到着した。当初の予定より1カ月遅れだった。今後はこの空港を拠点として試験が行われる。

 1号機は米国到着後、米国で試験を行う仕様にするための若干の改修が必要で、近く米国での初フライトを行う予定。輸送フライトに携わった安村佳之機長らもいったん帰国した。三菱航空機は試験機を5機製造する。このうち2~4号機も年内に米国に送り、試験を行う予定だ。5号機は国内で試験を行う。

この記事は有料記事です。

残り1248文字(全文1494文字)

編集部

編集部

長く経済分野を取材してきた今沢真・毎日新聞論説委員を編集長にベテラン・若手編集者が経済・社会の最新情勢を追います。
twitter 毎日新聞経済プレミア編集部@mainichibiz
facebook 毎日新聞経済プレミア編集部https://www.facebook.com/mainichibiz