「うにの土鍋ご飯」(2400円税別、以下同)は2〜3人向けの内容。そのぜいたくさに驚きの声が上がるだろう
「うにの土鍋ご飯」(2400円税別、以下同)は2〜3人向けの内容。そのぜいたくさに驚きの声が上がるだろう

くらしこの酒場この一品

最後にもう一杯飲みたくなる“絶品”締めの魚介ごはん

印束義則 / ライター

東京・町田「風土旬彩 伊吹」

 「いやー、飲んだ。最後はお茶漬けをかき込みたいね」「いや、最後は焼きおにぎりでしょう!」。締めのごはんメニューは酒とは切っても切れない関係にあり、飲んべえの数だけこだわりがある。散々食べたのだから、最後は余韻を味わいながらシンプルに締めたいもの。

 「このお店の締めのごはんメニューは何がおすすめ? えっ、『うにの土鍋ご飯』や『秋刀魚の棒寿司』、『鰹の漬け茶漬け』だって。いいねえ、さすが魚が売り物のお店。全部、魚介のごはんメニューだね。じゃあ『うにの土鍋ご飯』をください」

 そして、食べながら、ふとこう思ってしまった。「やばい、これは酒が飲みたくなる。うーん。すみません、…

この記事は有料記事です。

残り1301文字(全文1602文字)

印束義則

印束義則

ライター

1966年福岡県生まれ。飲食店専門誌を多数発行する旭屋出版で「すしの雑誌」など専門誌、ムック編集に携わり、独立後はライターとして幅広く活躍。これまでに取材した飲食店は2000店以上、ローカル立地の繁盛店などニッチな飲食店情報に強い。「月刊近代食堂」(旭屋出版)に「ローカル実力店の強さの秘訣」「繁盛店を作るメニュー表」、「日本外食新聞」(外食産業新聞社)に「二等立地…地方立地…ありえない立地 印束義則の繁盛店実況中継」を連載中。

イチ押しコラム

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ユジノサハリンスク市街でのイベントにいた着ぐるみ。ちょっと不気味なところがロシア的?(写真は筆者撮影)

サハリン「ユジノサハリンスク」旧樺太の地の今は

 ◇ロシア・ユジノサハリンスク編(1) ロシア・サハリン州の、州都ユジノサハリンスク(日本語にすれば「南サハリン市」)。成田空港か…

職場のトラブルどう防ぐ?
 

転職する27歳男性が驚いた「最後の給与」の手取り額

 A太さん(27)は4年間勤務した会社を3月末に退職し、4月から新しい会社に転職して1人暮らしを始めます。転職は大学の先輩に誘われ…

知ってトクするモバイルライフ
NTTドコモの「らくらくスマートフォン ミー」。花の種類を識別する機能を搭載

「スマホなしシニア」3000万人を狙うドコモの秘策

 NTTドコモが富士通コネクテッドテクノロジーズ製(FCNT)の「らくらくスマートフォン ミー」を発売。3月6日からテレビCMも開…

メディア万華鏡
 

「準強制性交」の罪名に感じる司法の“男性バイアス”

 「薬飲ませ女性暴行の疑い 昭和大の医師2人、容疑否認」「田畑毅議員が辞職願 衆院に提出 女性とトラブル」「新井浩文被告 500万…

ニッポン金融ウラの裏
内閣府=2014年6月11日、根岸基弘撮影

経済の司令塔・内閣府の中長期試算「いまも現実離れ」

 厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正調査問題が国を揺るがしている。信頼すべき国の統計の調査に瑕疵(かし)があり、信ぴょう性が疑…