中間決算に関する会見で、記者の質問に答えるシャープの戴正呉社長=2016年11月1日、徳野仁子撮影
中間決算に関する会見で、記者の質問に答えるシャープの戴正呉社長=2016年11月1日、徳野仁子撮影

政治・経済経済プレミア・トピックス

鴻海出身・戴正呉社長がやり玉に挙げたシャープの“甘え”

大河原克行 / ジャーナリスト

 11月1日に東京都内で行われたシャープの9月中間決算会見。この席に、シャープを傘下に収めた台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業から送り込まれた戴正呉(たい・せいご)社長が登場し、シャープのトップとなって初めて本格的な記者会見を行った。

 この決算で公表した9月中間期の営業損益は7900万円の黒字。前年同期の251億円の赤字からなんとか黒字転換してみせたが、業績回復とはとても言えない。だが、この席上、2017年3月期には257億円の黒字を達成するとの見通しを初めて公表した。実は、ここに戴社長の強い決意が見える。

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1878文字)

大河原克行

大河原克行

ジャーナリスト

1965年、東京都生まれ。IT業界の専門紙「週刊BCN(ビジネスコンピュータニュース)」の編集長を務め、2001年フリーランスジャーナリストとして独立。電機、IT産業を中心に幅広く取材、執筆活動を行う。著書に「ソニースピリットはよみがえるか」(日経BP社)など。