スキル・キャリア思いを伝える技術

「歩きスマホ危ないぞボケっ!」は道理のない罵倒

川井龍介 / ジャーナリスト

 「本音と建前」という言葉は、日本社会のコミュニケーションの特徴を表しています。どちらがいいという意味ではありませんが、「建前ではなく本音で話せ」とか「日本人はすぐ建前が先にでる」と言うように、どちらかというと「本音」に分があるようです。

 なにしろ、思っていることをそのまま言えばいいわけですから、窮地に立たされた政治家の言い訳のように、奥歯にものの挟まった感じはなく、わかりやすいのが常です。しかし、本音をそのまま言えば問題を引き起こす可能性があります。

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1677文字)

川井龍介

川井龍介

ジャーナリスト

1980年慶応大学法学部卒。新聞記者などを経てフリーのジャーナリスト、ノンフィクションライター。実用的な文章技術を説いた「伝えるための教科書」(岩波ジュニア新書)をはじめ「大和コロニー~フロリダに『日本』を残した男たち」(旬報社)、「フリーランスで生きるということ」(ちくまプリマ―新書)を2015年に出版。このほか「ノーノー・ボーイ」(ジョン・オカダ著、旬報社)の翻訳をてがける。