くらし育児サバイバル

超高い壁「恋愛・結婚・子供」で揺れる男子たち

藤田結子 / 明治大商学部教授

 国立社会保障・人口問題研究所の「2015年出生動向基本調査」で、「いずれは結婚するつもり」と答えた独身者は18~34歳の男性で85.7%、女性で89.3%いました。晩婚化・非婚化が進み、「若者は恋愛に消極的」と言われながら、なぜか結婚への意欲は高いままです。

 結婚への意欲が高いのに恋愛には消極的で、結婚しないのはなぜでしょうか。「恋愛は面倒」という感覚、男性の収入の低下、二次元で満足など、さまざまな要因が指摘されています。

 毎日大学生と接していて、私はある傾向を感じています。彼らはツイッターやLINE、インスタグラムなど…

この記事は有料記事です。

残り2200文字(全文2464文字)

藤田結子

藤田結子

明治大商学部教授

東京都生まれ。慶応義塾大を卒業後、大学院留学のためアメリカとイギリスに約10年間滞在。06年に英ロンドン大学で博士号を取得。11年から明治大学商学部准教授、16年10月から現職。専門は社会学。参与観察やインタビューを行う「エスノグラフィー」という手法で、日本や海外の文化、メディア、若者、消費、ジェンダー分野のフィールド調査をしている。4歳の男の子を子育て中。