PSVRなど最新のVR機器が体感できる特設コーナー=中国・北京の金融センター「国貿」の大型商業施設で2016年11月15日、赤間清広撮影
PSVRなど最新のVR機器が体感できる特設コーナー=中国・北京の金融センター「国貿」の大型商業施設で2016年11月15日、赤間清広撮影

グローバル海外特派員リポート

「ゲーム御宅」を熱狂させるかプレステVR中国投入

赤間清広 / 毎日新聞中国総局特派員(北京)

 「こんな体験は初めてだ」

 10月13日、インターネット関連など中国の最先端企業が集まる北京市内の情報発信基地で開かれた発表会は熱気に包まれていた。

 この日の主役は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が開発したゴーグル型の新型ゲーム端末「プレイステーション(PS)VR」。仮想現実(VR)を体感できる話題のゲームで、中国でもこの日から販売が始まった。

 目の前で繰り広げられる幻想的なゲームの世界に中国の消費者の反応は上々だったものの、実はSIEをはじ…

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1686文字)

赤間清広

赤間清広

毎日新聞中国総局特派員(北京)

1974年、宮城県生まれ。宮城県の地元紙記者を経て2004年に毎日新聞社に入社。気仙沼通信部、仙台支局を経て06年から東京本社経済部。経済部では財務省、日銀、財界などを担当した。16年4月から現職。中国経済の動きを追いかけている。