園子温監督の『アンチポルノ』 2017年1月28日(土)公開/(C) 2016 日活
園子温監督の『アンチポルノ』 2017年1月28日(土)公開/(C) 2016 日活

社会・カルチャー週末シネマ

復活!日活ロマンポルノ5作品が描く現代のエロス

勝田友巳 / 毎日新聞学芸部長

 今ではおてんとう様の下で堂々と咲き誇る「ロマンポルノ」だが、もともとは映画界の日陰の花として芽を出した。

元のロマンポルノは撮影10日予算750万円で始まった

 1971年、映画大手5社の一つだった日活は、傾いた社業を立て直すべく、成人映画路線にかじを切った。60年代後半には映画界は斜陽化していたが、独立プロの低予算ピンク映画が製作本数の40%を占め、観客を集めていた。日活は撮影所の設備と人材を使い、「芸術的なポルノ作品」で売り出そうとしたのだ。

 製作費750万円、撮影日数は10日前後、音楽は既成曲、少人数のスタッフ編成、移動はマイクロバス1台…

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1971文字)

勝田友巳

勝田友巳

毎日新聞学芸部長

1965年、茨城県出身。北海道大文学部卒。90年毎日新聞に入社し、松本支局、長野支局などを経て、東京本社学芸部。映画を担当して15年、新作映画を追いかける一方、カンヌ、ベルリンなど国際映画祭や撮影現場を訪ね、映画人にも話を聞いて回る日々。毎日新聞紙面で「京都カツドウ屋60年 馬場正男と撮影所」「奇跡 軌跡 毎日映コン70年」の、2本の映画史ものを連載中。