会見場では記者がパソコンを開き、「一問一答」を打ち込む姿が一般的だ=2016年1月28日に行われた甘利明経済再生担当相の記者会見場で、竹内幹撮影
会見場では記者がパソコンを開き、「一問一答」を打ち込む姿が一般的だ=2016年1月28日に行われた甘利明経済再生担当相の記者会見場で、竹内幹撮影

社会・カルチャーメディア万華鏡

会見メモ打ちが劣化させた!? 記者たちの「突っ込み力」

山田道子 / 毎日新聞紙面審査委員

 暑いころの話になるが、8月6日の毎日新聞朝刊1面(東京本社版)を見て驚いた。生前退位について8月8日に天皇陛下のビデオメッセージが公開され、安倍晋三首相はどう受け止めたかを発表するという記事で、見出しは「陛下お気持ち 8日15時/首相は受け止め発表へ」。「受け止め」が見出しになっていたからだ。

 「受け止める」とか「受け止め方」というのはよくあるが、「受け止め」って違和感ない?と周囲に聞いたほどだ。違和感を持つ人はおらず、一般的な言葉になったのだと実感した。

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文1968文字)

山田道子

山田道子

毎日新聞紙面審査委員

1961年東京都生まれ。85年毎日新聞入社。浦和支局(現さいたま支局)を経て社会部、政治部、川崎支局長など。2008年に総合週刊誌では日本で一番歴史のあるサンデー毎日の編集長に就任。総合週刊誌では初の女性編集長を3年半務めた。その後、夕刊編集部長、世論調査室長を経て15年5月から現職。