ショッピング街では、通行人が足を止めて大道芸人のパフォーマンスにくぎづけ=英ロンドンで2016年11月、三沢耕平撮影
ショッピング街では、通行人が足を止めて大道芸人のパフォーマンスにくぎづけ=英ロンドンで2016年11月、三沢耕平撮影

グローバル海外特派員リポート

EU離脱決定でも絶好調! 英経済1.8%成長のなぜ

三沢耕平 / 欧州総局特派員(ロンドン)

 「I don’t know!」。ロンドン中心部のレストランで企業コンサルタントのパニラ・ラドリンさんが両手を上げながら「お手上げ状態」のジェスチャーをしてきた。欧州連合(EU)から離脱する英経済の先行きを質問した時のことだ。

 ラドリンさんによると、金融街シティーもEU離脱の話題一色。ただ、パブやカフェで激論が展開されるものの、やはり結論は「I don’t know!」。英経済がどこへ向かうのか。この質問は今、経済の専門家を最も悩ませる難問になっているという。

 英国は6月の国民投票でEUからの離脱を選択した。その直後、専門家が予想したのは「株式相場の暴落」「…

この記事は有料記事です。

残り1575文字(全文1857文字)

三沢耕平

三沢耕平

欧州総局特派員(ロンドン)

1972年千葉県生まれ。明治大学法学部卒。98年毎日新聞社入社。松本、甲府支局を経て、2004年から経済部で財務省、日銀、財界などを取材。政治部にも在籍し、首相官邸、自民党などを担当した。16年10月から欧州総局特派員。