(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

IT・テクノロジーネットから読み解く経済・社会

映画「この世界の片隅に」火付け役SNSの波及力

まつもとあつし / ジャーナリスト

アニメ映画ブーム(2)

 現在、インターネットで映像作品を安く気軽に楽しめるようになっています。このため、観客に劇場へ足を運んでもらい、1000円以上を支払ってもらって収益のあがる映画ビジネスが厳しい局面に立たされています。

 映画ビジネスの基本的な構造と、公開前の「情報」と公開後の「評判」の量が成否を左右することは、前回説明しました。

 これまでは、テレビや雑誌などのマスメディアに広告費を投下して情報を広め、上映館数と観客数を増やして…

この記事は有料記事です。

残り2156文字(全文2373文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。