スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

よい上司は成功の「型」を見せて部下をうまく育てる

細川義洋 / ITコンサルタント

 今秋のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が人気を集めました。「契約結婚」といういっぷう変わった設定でしたが、互いにひかれ合いながら壁を越えられない男女の葛藤を描く、ラブコメディーの王道ともいうべき「型」が成功したように思えました。

優秀な営業マンが持つ自分なりの「型」

 こうした成功の「型」は、仕事でも大切です。筆者が大手IT企業で営業職だったころ、同僚の優秀な営業マンたちは皆、自分なりの型を必ず持っていました。

 立て板に水の話術で顧客を巻き込み、一気に商談をモノにする人がいる一方で、ぼくとつとした話ぶりながら…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1243文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。