スキル・キャリア部下を伸ばす上司 ダメにする上司

犬猿の仲のメンバーに相手の短所を聞いてはいけない

細川義洋 / ITコンサルタント

 昨年末、国民的な人気を誇ったアイドルグループSMAPが解散しました。実際のところはわかりませんが、メンバー間の亀裂が解散の大きな原因の一つとも言われています。

互いに嫌みを言い合う2人の若手メンバー

 一般的な組織でも、メンバー同士の仲たがいは珍しくありません。例えば会社では、そもそも同じ部署のメンバーは組織の命令で集められただけです。全メンバーの仲が良いという方が珍しいでしょう。筆者は大手IT企業の管理職をしていたとき、仲良くなれないA君とB君という2人の若手部下と働きました。そして、その対応を間違えてしまった苦い経験を持っています。

 2人は同世代でフットサルという共通の趣味もあり、チーム内でも周知の事実でした。しかし、誰も2人が趣…

この記事は有料記事です。

残り1479文字(全文1799文字)

細川義洋

細川義洋

ITコンサルタント

1964年、神奈川県生まれ、立教大学経済学部経済学科卒。NECソフト(現NECソリューションイノベータ)、日本IBMでシステム開発やコンサルティングを行う。著書に「なぜ、システム開発は必ずモメるのか?」「IT専門調停委員が教える モメないプロジェクト管理77の鉄則」(日本実業出版社)などがある。