スキル・キャリア職場のトラブルどう防ぐ?

多くの人が働くシフト職場で長時間労働を防ぐ方法

井寄奈美 / 特定社会保険労務士

 コンビニ大手ファミリーマート(本社・東京都)の加盟店(大阪府大東市)で働いていた男性従業員(当時62歳)が死亡したのは、長時間労働による過労が原因だとして、遺族が会社と店を訴えた裁判は昨年12月、大阪地裁で和解が成立しました。会社と店主が連帯して遺族に4300万円の解決金を支払います。

 男性は2012年、店舗で作業中に意識を失い、脚立から落ちて頭を強く打ち、間もなく亡くなりました。亡くなる前の半年間、月200時間超の残業を強いられていたとされています。62歳という年齢を考えても相当な負担だったはずです。

 24時間営業のコンビニや飲食チェーンは、パートやアルバイト従業員を多く雇っています。このようなシフ…

この記事は有料記事です。

残り2011文字(全文2316文字)

井寄奈美

井寄奈美

特定社会保険労務士

大阪市出身。2015年、関西大学大学院法学研究科博士前期課程修了。現在、大阪大学大学院法学研究科博士後期課程在籍中(専攻:労働法)。01年、社会保険労務士資格を取得。会計事務所勤務などを経て06年4月独立開業。井寄事務所(大阪市中央区)代表。著書に『トラブルにならない 小さな会社の女性社員を雇うルール』(日本実業出版社)など。http://www.sr-iyori.com/