くらしマンション・住宅最前線

30年超え分譲マンションが直面する三つの選択肢とは

櫻井幸雄 / 住宅ジャーナリスト

 マンション管理組合の総会で管理会社が説明を行う。終わると、参加者から大きな拍手が起きた。そんな光景、めったに見られるものではない。説明を行ったのは伊藤忠グループのマンション管理会社・伊藤忠アーバンコミュニティ。同社は2015年、「100年マンション研究会」を発足させ、築年数を重ねたマンションの今後を考える取り組みを始めた。

 分譲マンションは分譲時に長期の修繕計画が立てられる。が、その計画が見据える先は30年程度というケー…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1239文字)

櫻井幸雄

櫻井幸雄

住宅ジャーナリスト

1954年生まれ。年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく全国の住宅事情に精通する。現場取材に裏打ちされた正確な市況分析、わかりやすい解説、文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。毎日新聞、日刊ゲンダイで連載コラムを持ち、週刊ダイヤモンドでも定期的に住宅記事を執筆。テレビ出演も多い。近著は「不動産の法則」(ダイヤモンド社)。

イチ押しコラム

職場のトラブルどう防ぐ?

「36協定」に署名を求められた32歳営業マンの不安

 A太さん(32)は、従業員数約20人の機械卸会社の営業マンです。2年ほど前に今の会社へ転職しました。職場の雰囲気にも慣れ、気持ち…

メディア万華鏡
秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さん=2017年9月3日、代表撮影

「小室さん留学意向」の記事と新聞・週刊誌の皇室報道

 なんだろうと疑問が湧いた。毎日新聞6月29日朝刊の「小室さん 米留学意向 今夏にも 眞子さま婚約内定者」という記事を読んだときの…

知ってトクするモバイルライフ
キーを搭載した従来型携帯電話として発売される「インフォバーxv」

SNS疲れの人へガラケー型「auインフォバー」復活

 KDDIが、デザインを重視した携帯端末を送り出す「auデザインプロジェクト」を再始動させ、今秋に「インフォバーxv」を発売する。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
ダーウィン市街北西部のマリーナに沈む壮絶な夕日(写真は筆者撮影)

豪ダーウィン 人口爆発アジアに近いのを生かせない町

 ◇豪ダーウィン編 広大なオーストラリアの中でも最も人口希薄な北部準州(ノーザンテリトリー)。州都ダーウィンは、世界4位の人口大国…

世界透視術

北朝鮮に改革開放の兆し? 指導は中国! カネは日本!

 今年10月、安倍晋三首相が中国を訪問し、習近平国家主席と日中首脳会談を検討しているという情報が首相官邸筋から流れている。こういう…