写真はイメージです。本文とは関係ありません。
写真はイメージです。本文とは関係ありません。

IT・テクノロジーネットから読み解く経済・社会

謝罪動画で集客? 新興IT企業にネット倫理はあるか

まつもとあつし / ジャーナリスト

 昨年12月19日、東証マザーズ上場でITサービス業を展開するAppBank(アップバンク)社の盗用疑惑が起こりました。同社の動画番組内でオリジナル商品と紹介したiPhoneケースが、同社の取引先であるメーカー・トーモのiPhoneケース「RAKUNI」とそっくりだったのです。

疑問が解消されない謝罪動画

 「取引先のデザインを盗用したのではないか」という指摘を受け、アップバンク社の対応は迅速でした。問題が発覚したその日、生配信の動画にアップバンク社社長と取締役が出演し、その場に招いたトーモ代表者に直接謝罪したからです。

 生放送で当事者同士が話し合う形は斬新でした。しかし、50分弱の生配信で行われた「謝罪」は、上場企業…

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2247文字)

まつもとあつし

まつもとあつし

ジャーナリスト

ITベンチャー、出版社、広告代理店、映像会社などを経て、現職。ASCII.jp、ITmedia、ダ・ヴィンチなどに寄稿。著書に「知的生産の技術とセンス」(マイナビ/@mehoriとの共著)、「ソーシャルゲームのすごい仕組み」(アスキー新書)など。取材・執筆と並行して東京大学大学院博士課程でコンテンツやメディアの学際研究を進めている。