スキル・キャリア江上剛の「働き方は孔子に聞こう!」

社内不正「正すはいっときの苦、正さずは一生の恥」

江上剛 / 作家

Q 不正を見つけてしまったらどうしたらいいでしょう?

A 見て見ぬふりをしたら一生自分を恥じることになります

 不正を見つけてしまったらどうするか? こんな質問の答えは、告発すること、これに決まっているじゃないか、と思っているだろう。しかし世の中、そう簡単じゃない。

 世の中、不正を告発した者に対して英雄だと尊敬してくれるのは、ごく一部だけ。あるいはその事件が騒がれているときだけだ。その後は、お礼参りという名の報復を受けることが多い。ヤクザがらみじゃなくてもだ。

 以前、取引先の大手食品メーカーの偽装表示の不正を暴露した倉庫業者がいた。勇気ある内部告発者として世…

この記事は有料記事です。

残り1614文字(全文1894文字)

江上剛

江上剛

作家

1954年兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。77年旧第一勧銀(現みずほ銀行)に入行。97年、総会屋利益供与事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。在職中の2002年「非情銀行」で作家デビュー。03年にみずほ銀行を退行。近著に「働き方という病」など。テレビコメンテーターとしても活躍している。