自宅書斎で執筆中の司馬遼太郎さん=1968年9月撮影
自宅書斎で執筆中の司馬遼太郎さん=1968年9月撮影

社会・カルチャーベストセラーを歩く

記者時代の司馬遼太郎が「新論語」で描いたロマンと現実

重里徹也 / 文芸評論家、聖徳大教授

 すまじきものは宮仕え、とはよくいったものだ。できれば、組織に属さず自分の才覚一本で生きていきたい、そう考えるサラリーマンは少なくないだろう。

 しかし、世の中、そうは甘くない。起業家として成功したり、専門職で高収入を得たりできる人は限られている。となれば、できるだけ幸福な勤め人生活を送るしかない。そのためにはどうすればいいか。

 司馬遼太郎の「ビジネスエリートの新論語」(文春新書)は、古今の書籍から名言や格言を引用し、サラリー…

この記事は有料記事です。

残り1458文字(全文1672文字)

重里徹也

重里徹也

文芸評論家、聖徳大教授

1957年、大阪市生まれ。大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)ロシア語学科卒。82年、毎日新聞に入社。東京本社学芸部長、論説委員などを歴任。2015年春から聖徳大教授。著書に「文学館への旅」(毎日新聞社)、共著に「村上春樹で世界を読む」(祥伝社) などがある。

イチ押しコラム

知ってトクするモバイルライフ
グーグルが発売するピクセル3(右)とピクセル3XL(左)

グーグル初の自社製スマホ「ピクセル3」の出来栄え

 グーグルが、自社製のスマートフォンとしては初となる「ピクセル3」「ピクセル3XL」を11月1日に発売する。 グーグルのオンライン…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
キエフの街。世界遺産のペチェールシク大修道院からドニエプル川と対岸の新市街を望む(写真は筆者撮影)

ウクライナ首都キエフ 東欧最大の都市に何があるのか

 ◇ウクライナ・キエフ編(1) 肥沃(ひよく)で実りの多い場所に、文明が栄え、豊かな国ができる。古代の四大文明や、近現代の米国はそ…

職場のトラブルどう防ぐ?

「自己都合?会社都合?」明確な退職理由が必要なワケ

 A男さん(54)は、従業員数約200人の金属部品加工会社の総務部門の責任者です。先日、工場を退職したB輔さん(27)の離職理由に…

ニッポン金融ウラの裏
東京都江東区で2018年4月1日、丸山博撮影

ノルマ営業を続ける銀行の「売り手発想と時代錯誤」

 銀行業界で、支店の業績評価方式を見直す動きが起きている。金融庁が求めている「顧客本位の業務運営」を営業現場で徹底させるためだ。だ…

メディア万華鏡
「新潮45」10月号に掲載された記事

「新潮45」休刊騒ぎのなかで責任を果たさない人たち

 「新潮45」の休刊騒ぎで思い出した小説がある。出版業界の小説をめぐる内幕を描いた東野圭吾さんの短編集「歪笑小説」(集英社文庫)に…