マネー・金融経済を読む

従業員持ち株会は便利だが「リスク分散」には難点

塚崎公義 / 久留米大学商学部教授

 従業員持ち株会という制度を持っている株式会社は、少なくありません。会社が社員の給料やボーナスから一定額を天引きして持ち株会に支払い、持ち株会がそれを用いて自社の株式を購入する、という制度です。財形貯蓄などと同様に、天引き貯蓄になりますから、手軽に財産形成ができるという意味では便利な制度です。ただし、株式投資ですからリスクも伴います。今回は、従業員持ち株会について考えてみましょう。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1611文字)

塚崎公義

塚崎公義

久留米大学商学部教授

1981年、東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関係の仕事に従事した後、2005年に銀行を退職して久留米大学へ。「退職金貧乏 定年後の『お金』の話」「老後破産しないためのお金の教科書」「増補改訂 よくわかる日本経済入門」「世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書」「なんだ、そうなのか! 経済入門」など著書多数。